スポンサーリンク

リリ 喜

節分ってなんの意味があるのかな?

博士 楽

「節分」ってそもそも、各季節の始まりの日のことなんだよね。

ゆり 楽

各季節?じゃあ1年に4回あるの?

博士 楽

つまりそうなんだ

リリ 楽

なにそれ、詳しくかんたんにおしえて

節分の意味や由来、なんで豆まきするの?

スポンサーリンク

節分っていつ?意味、由来について

分といえば、2月3日です。

しかし元々は節分とは、各季節の始まりの日のことなのです。

「季節を分ける」という意味ですね。

つまり「節分」は1年に4回あって「立春、立夏、立秋、立冬」のことです。

しかし近年「節分」といえば、もっぱら「立春」の2月3日の行事のことを指します。

 

江戸時代からこの立春の節分は大事にされています。

冬が終わるこの時期は、1年の終わりと同じくらい大切な時期なので、1年の境にしていたとされています。

ゆり 楽

へー、季節を分けるって意味だったんだ

リリ 楽

でもなんで豆まきするの?

ゆり 楽

そりゃあ、「鬼はそと福はうち」そのまんまでしょ

スポンサーリンク

なんで豆まきするの?

んで豆まきするの?って感じですね。

これは、悪い気を追い払い、福を呼び込むためにするものです。

季節の変わり目には、悪い気が入り込みやすいと言われています。

悪い気の象徴といえば、鬼です。

人間の目にみえない悪い気、形のみえない病、災害、飢餓などは、鬼の仕業だと考えられていました。

そのため、追儺(ついな)とよばれる、鬼払いの年中行事が行われていました。

これが、「おにはーそと!ふくはーうち!」の起源です。

 

また、隠れている恐ろしいもののことを「隠人(おんにん)」と言いました。

その「隠人(おんにん)」が「おに」になったという説もあります。

 

で、鬼の格好。

こんなイメージですね。

この格好の由来ですが、鬼が住むのは「鬼門の方角(北東)」です。

その方角は「丑寅の方角」。

だから鬼は「牛の角」と「虎の牙、虎柄のふんどし」の格好なのです。

おもしろい由来です。

リリ 楽

あのふんどし、ヒョウ柄じゃないんだね

スポンサーリンク

豆には福が宿る!

には福が宿るとされています。

だから、年の数だけ豆を食べるのが風習になっています。

 

なんで年の数なの?ってことですが、これは単純に、年の数だけ福を体に取り込みたいから。

地域によっては、年の数プラス1個なところもあるようです。

どっちが本当なの?ってことですが、これは別にどっちでも本当です。

プラス1個の理由は「来年も健康でありますように!」という意味が込められているといいます。

だとすると、欲張ってプラス1個の方がいいかもしれませんね。

リリ 楽

だったらプラス100こくらい食べちゃえばいいのにね

ゆり 楽

恵方巻きってなに

方巻きとは、節分に恵方を向いて食べる太巻き寿司のことですね。

もともとは、大阪で流行っていた風習です。

そういえば全国的に流行ったのは最近のような気がします。

 

恵方巻きを食べると縁起が良いとされていて、ご利益を得ることができるのだとか。

恵方巻きについてはこちらの記事でかんたんに説明しています。

>>>恵方巻きの意味や由来、方角はどうやって決めるの?

まとめ

・豆まきの節分は、毎年2月3日!

・節分とは「季節を分ける」という意味!元々は「立春、立夏、立秋、立冬」のこと!

・豆まきの理由は「鬼はそと福はうち」のそのまんま!

・恵方巻きを食べると、ご利益がある!

リリ 喜

鬼はそと!


スポンサーリンク