スポンサーリンク

リリ 楽

なんで海の水とか川の水ってなくならないの?

博士 楽

おもしろい質問だね

ゆり 楽

増えもしてないんじゃない?

リリ 喜

おしえてはかせ!

海の水はなくならない?川の水はなくならない?

スポンサーリンク

海の水はなくならない?

の水は基本的になくならないのです。

理由は、水は地球を巡り巡っているからです。

 

海水が暖められて水蒸気になる

雨、雪になって地上に降る

その一部は、湖や池に溜まる

それらが川の水となって、海に流れてくる

つまり地球上の水の絶対量(最初からある量)は変わらない

と言った感じです。

 

中に水は染み込まないの?ってことですが、実は少し染み込んでいます。

しかしこれも、やがて地上にもどります。

スポンジで想像してみるとわかりやすいです。

水をたくさん含んだスポンジは、もう水を吸えません。

 

こんな感じで地球の水の量は、常に一定なのです。

だから海の水はなくならないし、川の水もなくならないのです。

スポンサーリンク

それでも海は干からびる?

かし、絶対に100%なくならないわけではないのです。

実はちょっとずつ減っていたり、逆に増えていたりします。

理由は、

1,氷の量

2、地球の内部に取り込まれる

3,宇宙に放出

などです。

「1,氷の量」

これは北極とかの氷ですね。

この氷河が増えると、地球上の水の絶対量は変わらないけど、海水は少なくなります。

最近では地球温暖化の影響で、逆に氷河が溶けていて、海水が増えていますね。

「2,地球の内部に取り込まれる」

海洋プレートが沈む時に、海水が地中に取り込まれます。

それが火山活動で、内部の水は陸地に還ってきますが、やっぱり取り込まれる水のほうが多いのです。

数億年後には、海は干からび、塩が地球を覆うなどと言われています。

「3,宇宙に放出される」

水蒸気から水素へ分解され、それが宇宙に放出されています。

そのことで地球の水の量は減りますが、それも極少量。

また、宇宙からの隕石にも水が少し含まれているので、この考えは誤差レベルとして無視されています。

スポンサーリンク

地球上に水ってどのくらいあるの?

球上の水の量は、約14億 km3あると言われています。

日本語だと、1垓4000京トン。

140,000,000,000,000,000,000トンです。

すごいですね。

 

そして、その97%は海水です。

残り3%で湖や川、または気体、固体など姿を変えていることもあります。

まとめ

・地球の水は巡り巡っているから無くならない!

・それでも少しずつ、海の水は減っている!

リリ 喜

140,000,000,000,000,000,000トン!


スポンサーリンク