スポンサーリンク

リリ 喜

バレンタインってどんな由来があるのかな?

博士 楽

実はね、元々は人の名前なんだよ

リリ 怒

えーーー

ゆり 楽

そもそもなんでチョコなの?

リリ 喜

おしえてはかせ!

バレンタインの意味や由来、チョコ以外もアリなの?

スポンサーリンク

バレンタインの意味、由来

レンタインの意味と由来について。

実は、バレンタインとは、人の名前です。

バレンタインはキリスト教司祭をしていました。

 

3世紀のローマでのこと。

当時、ローマの若い男たちはなかなか戦争に出たがりませんでした。

その理由は、家族や愛する人と離れたくないからです。

それに気づいた皇帝クラウディウス二世は、結婚を禁止しました。

しかしイタリアのとある町、キリスト教司祭がそれを見かねていました。

そのキリスト教司祭・バレンタインは、人々を内緒で結婚させていたのでした。

 

もちろん、皇帝にバレたら大変です。

さらに当時のローマでは、キリスト教は冷遇されていました。

で、バレました。

 

皇帝は、バレンタインに「罪を認めてローマの宗教に改宗すれば、少しは多めに見る」と言いました。

しかし、バレンタインはそれを断りました。

ついに投獄され、269年の2月14日に処刑されてしまったのです。

バレンタインは自分の命を懸けてまでも「愛の人」だったのです。

 

スポンサーリンク

 

どうしてチョコレートをあげるの?

レンタインにチョコをあげるのは基本的に日本だけです。

海外では家族や友達、そして恋人とお互いに、カードやお花、お菓子などをあげます。

 

なんで日本はチョコなの?ってことですが、

これは、チョコレート業者が始めたキャンペーンがきっかけです。

1958年、東京都内のデパートのバレンタイン・セールとして、「贈り物にはチョコレート」を定着させようとしたのです。

で、それがすっかり日本では定着したのでした。

 

スポンサーリンク

 

いろんな国のバレンタイン

ョコは日本独自の風習っていうのはわかったけど、海外の国はどんな感じなのでしょうか。

いろんな国のバレンタインを、ちょっと調べてみましたよ。

イギリスのバレンタイン

イギリスのバレンタインは、チョコはあんまり関係ありません。

そして、基本的に「男性から女性へ」です。日本とは反対ですね。

 

で、贈り物は「カード」。

この「カード」を、花とかシャンパンとかに添えて贈るのだそう。

しかも宛名とか差出人をはっきりと書かないそうで、もらった女性もドキドキです。

「誰からだろう…ドキドキ」

ロマンチックですね。

アメリカのバレンタイン

アメリカでは、宝石業界が「バレンタインにはダイヤモンド!」を流行らせようとしました。

まあ、もちろんダイヤモンドは高価すぎて流行りませんでしたが、「愛する人にプレゼントを」という風習は広まりました。

 

アメリカでもイギリスと同じように、花とかと一緒にメッセージカードが送られます。

ちなみに、アメリカのカードが売れる時期ベスト1はクリスマス。2位がバレンタインです。

韓国のバレンタイン

韓国は日本の影響をうけているのだそうです。

女性が男性にチョコを贈ります。

一般的には、バスケット一杯にチョコを詰めて贈るのだそう。

 

しかし最近では「礼儀上チョコ」といって上司に贈るのも流行っているそうですよ。

 

まとめ

・バレンタインは元々は人の名前!

・チョコをあげるのは日本だけで、チョコレート業者が流行らせた!

・海外のバレンタインはバラエティ豊か!

リリ 喜

チョコレートたべたくなっちゃったよ!


スポンサーリンク